新宿にあるバーチャルオフィスの料金プランについて

新宿は都心の中でもビジネス街や繁華街が競合するエリア、人が多く集まる場所などの理由からも、拠点を設けたい起業家の数も多くいます。 実際にオフィスを借りるとなると、人気が高いエリアなどから家賃が高額であると同時に保証金などの初期費用が高額になる、これから会社を立ちあげる時などは資金が足りないなどの理由からも他のエリアでのオフィスを考えるケースも多いと言えましょう。 その点、バーチャルオフィスは人気の高い場所にあるものでも、住所貸しや転送電話、電話代行などのサービス利用になるため、月額費用もリーズナブルな値段で利用が出来ます。 さらに、会議室やレンタルスペースなどのサービスも用意してある、これから利用したい起業家などのニーズに合う料金プランを多数用意しているなどお勧めです。

利用者専用の会議室やレンタルスペースが用意してあります

新宿にあるバーチャルオフィスには利用者専用の貸し会議室やレンタルスペースが用意してあります。 基本的には住所を借りる、電話転送や電話代行などのサービスを利用するのが特徴ですが、商談を初めとして打ち合わせや一時的な執務スペースなどが必要なケースもあります。 こんな時に便利なのが貸し会議室やレンタルスペースです。 普段は自宅やその他の場所でビジネスを行っている場合でも、新規顧客との商談の場が必要になる、合同会社の会議スペースが欲しいなど、こうしたスペースを利用出来る便利なサービスがあります。 店舗により、料金プランなどの利用条件があるので、これからサービスを利用した時などは、金額だけでなく貸し会議室やレンタルスペースの利用についても考慮して決めるのがお勧めです。

料金プラン毎のサービスの違いについて

都心の中でも人気の高いエリアが新宿、この場所にあるバーチャルオフィスは価格も高いなどのイメージを持つ人も多いと言えましょう。 料金プランは住所貸し、荷物受取や共有ファックス、転送電話や電話代行などのサービスを選んで借りる事が出来るようになっているシステムです。 中には転送電話のみ、電話代行のみなどの料金プランも用意してあるので必要に応じてニーズに合うものを選びましょう。 ちなみに、すべてのサービスを利用出来るコースなどの場合、月額費用が12,000円から、入会金が7,000円からになっているので、初期費用としては入会金と初月の費用の合計、19,000円などの金額で利用開始出来ます。 入会金は初回のみ必要になるものですから、月々の固定費を抑えるメリットもあります。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加