会社を新宿に設立したい!バーチャルオフィスのメリット

会社設立の際の登記のために始まったサービスですが、最近では会社形態の多様化とともに、様々なオプションを増やしていることから、さらに利用者数を増やしており、個人事業主だけでなく、大手の事業所にも利用されています。 特に新宿は日本でも有数なビジネス街ですから、非常に人気が高い地域であり、そのサービス内容としては、住所のレンタル、郵便物の転送、電話・ファックスの転送等が基本となりますが、オプションとしては、インターネット環境が整っていることが必須であり、さらには会議室、作業用スペース、食堂、応接室など多岐にわたっており、ユーザーからも高い評価を得ています。 今後もユーザーのニーズに応える形で様々なオプションの追加が期待されており、実現すればさらなる利用者増が見込まれています。

バーチャルオフィスが注目を集めている理由

新たに会社設立する際には、その住所を登記する必要がありますが、会社のステータスを上げるためには、ビジネス街の住所で会社登記したいものです。しかしながら、その地域に事務所を借りるとなると多額な費用がかかってしまいますから、利益が出ていない会社設立の段階で借りることは、極めて困難であると言えます。 そこで、こういった課題を解決するために生まれたサービスがバーチャルオフィスです。ビジネス街の雑居ビルなどの一角に簡易な私書箱だけを借りることによって、リーズナブルに、ビジネス街である新宿の住所を取得できるとあって、個人の事業主中心にレンタルする人が増えています。もちろん、この住所で会社登記にも使用できますから、非常にメリットの大きいサービスであると言えます。

最近のバーチャルオフィスの様々なサービス内容

最初は簡易な私書箱だけでスタートしたサービスですが、最近では、会議室や仕事をするためのスペース、食堂などの設備を備えたものが人気を呼んでいます。特に新宿は様々な交通機関の拠点ですから、実際には郊外に事務所を設けておいて、必要な時だけ集まれる場所として重宝している場合もあります。帰社している時間を考えると、このサービスを使用した方が格段に利便性が良くなります。 また、個人事業主の中には、最初からオフィスを持たないでこのサービスだけで対応している事業所も少なくありません。特にインターネットを中心に展開している会社であれば、事務所そのものを常時設ける必要がありませんから、必要な時だけ集まれる事務所を確保する方が合理的だと言えます。今後も会社形態が多様化することで、こういったサービスの需要は高まることが想定されます。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加