新宿のお勧めなバーチャルオフィスの特徴をご紹介

住所を貸して貰える、住所に届いた荷物預かりや転送を行ってくれる、予め登録してある電話番号に電話転送して貰えるサービスも利用出来るなどの魅力を持つのがバーチャルオフィスの特徴です。
住所や電話番号を利用したい人にとって魅力的なオフィスサービスですが、さらにサービスを提供している会社が新宿にある場合、都心の一等地とも言える住所を利用出来るメリットがあります。
利用用途は様々ではありますが、サービスには住所貸し出し、共有ファックス、転送電話、電話代行などが用意してあり、住所だけを借りる場合には住所貸し出しのサービスのみ、電話番号も借りる時にはすべてのサービスを提供してくれます。
但し、ファックスは利用しないのであれば、住所貸し出しや転送電話のみで利用する事も可能です。

サービスが豊富にあるので必要なサービスをチョイス可能です

新宿のバーチャルオフィスは都心の中でもオフィスビルが多くあるエリアに作られているもので、ビジネス街の中に自分の会社や通販店などの拠点を作る事が出来るメリットがあります。
通販店の場合には必ずお店を運営している人の情報をホームページの中に掲載する必要があるため、住所は必須条件です。
個人で営業を行っている場合には、住まいの住所をホームページに掲載する事になりますが、自宅の住所をネットの中に公開するとどうしても情報の漏洩などの問題が生じやすくなります。
住所貸しだけであれば月額3000円前後の費用で貸して貰える、通販店のホームページに掲載する住所として活用出来ます。
さらに、転送電話のサービスも併用すればお客さんからの電話を逃さずお店の売り上げを伸ばせるなどのメリットもあります。

契約区分は4種類から選ぶ事が出来ます

バーチャルオフィスを利用する人は、個人の場合もあれば、通販サイトなどのようなお店の名前で利用するケース、企業の拠点として利用したり、新しい会社を立ちあげるなどの理由で利用するケースもあります。
一般的なオフィスの場合は、個人で利用する場合と法人で利用する場合などの関係なく費用が一律になりますが、新宿でオフィスサービスを提供している会社は契約区分を設けているため、無駄なく利用が出来るメリットを持っています。
契約区分としては4種類に分けられており、実在する個人名で契約を行う方法、個人事業主などのように屋号がない場合の契約方法、法人格の企業が契約する区分、そしてこれから会社を立ちあげようとしている人の契約区分に分けられているなど、無駄なく使えるためお勧めです。

国外にもカリフォルニアに店舗がございますので詳しい内容はお問合せ下さい。 法令で保管が義務付けされている書類を当社は無料で保管することが可能です。 株式会社Karigoは2006年8月に設立致しました。当社へ届いた荷物をお客様指定の住所へ転送する転送作業に関しまして、費用は無料となっております。 バーチャルオフィスを新宿でお探しの方

  • このエントリーをはてなブックマークに追加